心機一転!オフィスの改装

パーテーションを使った職場空間

会議室といる概念が変わる内装工事

会議室といる概念が変わる内装工事 オフィスの機能性の改善やイメージチェンジを図りたいときには、内装工事が重要になります。
特に会議室の概念が変わるような内装工事としましては、パーティションの役割が大きなウエイトを占めています。
会議室の間仕切りを考えた場合、通常のパーティションではなくスチールパーティションが最適です。
スチールパーティションの材質としましては、スチールと石膏ボードが使用されており、不燃材としての認定も受けています。
アルミパーティションとは異なり、つなぎ目が目立たないフラットな仕上がりを得られるため、表面にシートなどを張ることで、デザインに変化をもたせることもできます。
遮音性にも優れていますので、静かな空間を確保でき大事な議題に対して集中することができます。
これは会議室の内装工事の一例ですが、これだけでもイメージチェンジにつながり、従業員のモチベーションを向上させる効果があります。
オフィス環境に対する概念が変わることで、従業員の意識改革がなされるとともに、対外的に企業イメージをアピールするための重要な役割を果たすことにもなります。

女性に嬉しいパウダールーム付のオフィス

女性に嬉しいパウダールーム付のオフィス 最近のオフィスビルにはパウダールームを設置した建物も結構増えてきました。
パウダールームとは女性専用の化粧直しも出来る洗面所の事です。
女性がプライベートの顔を見せる場所ですので、内装工事もそれなりに配慮したほうが良いでしょう。
トイレと併設する場合も多いので、清潔感を保つために掃除がしやすく色調も温かみがあり清潔感のあるものが良いでしょう。
洗面化粧台などは人工大理石の、暖色系のカウンターなどが好まれるでしょう。
大きなガラスをはめ込んだ壁面も、掃除がしやすいタイルや石張りなどでデザインすると高級感が出てくるのではないでしょうか。
ただしあまり濃い色の色彩を使用すると、化粧直しなどの時に本当の顔色が分からなくなる場合があるので注意しなくてはなりません。
内装工事は温かみや清潔感を持ちながら、女性の化粧直しを妨げるような色調や照明は避けるようにすべきでしょう。
素敵な内装工事のパウダールームは、それだけで女性の活力になるのです。

注目サイト

三鷹の老人ホームに問い合わせ

Last update:2017/8/31